<< ヨシモ飲み | main | 今年もよろしくエントリ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.12.31 Monday |  | - | - | - | スポンサードリンク | 

コミュニケーション・ドア

ウチのマンションでは挨拶をできない人が少なからずいる。ひどい人は不審者を見るような目で見る。腹が立つを通り越して、憐れですらある。
朝、会社に入っていくときにも同じ感覚を受ける。警備員さんが「おはようございます」と言っても、社員証を出すだけ。そのうち、挨拶をする警備員さんが減ってくるのを見ると、末期的症状と感じずにはいられない。
以前、感謝を表すときは「すみません」より、断然「ありがとう」のほうが嬉しいぞ、と思っていたけど、最近は最低ラインである「すみません」すらなくなっている。
挨拶のできなくなった人たちには幼児向け教材“シマジロウ”あたりを復習してもらいたい。
また、自分も挨拶のできる人であり続けたいと思う。
セキュリティのコンサルタントと以前、話したときに会社のセキュリティレベルはフロアを歩けば分かると言っていた。レベルの高い会社は社員が挨拶をするのだそうだ。(逆に言うと、挨拶のできる社員のいる会社はセキュリティレベルが高くなる)挨拶をするということは、侵入者に対して無関心ではないということになる。日ごろから“他人への関心”という感覚を磨いておくことで、不審者とお客さまとの感覚値的な違いを見分ける力を養うことができるというわけである。
挨拶は情報セキュリティにも通じる。
2006.01.06 Friday | 12:27 | comments(1) | trackbacks(1) | ひとりごと | YOH | 

スポンサーサイト

2012.12.31 Monday | 12:27 | - | - | - | スポンサードリンク | 
俺も「ありがとう」って言葉が好き。

英語ではThank youがいたるところで使われていて気持ちよくて感動した記憶がある。普通に宿題を先生に提出しただけでもThank youと言って受け取る。

よし。「ありがとう」をテーマに写真を撮って写真集を作ってみようかな。
| amaco | 2006/01/06 2:09 PM |









挨拶
新年早々文句をたれて申し訳ないのだが、あえて書くことにする。 今に始まったことではないのだが、私のマンションの人間は エントランスや廊下で会った時に挨拶をしない輩が多すぎる。 いや、何も「平素より一方ならぬご厚情を賜り厚く御礼申し上げます」 など
| pushamo -mostly jargons- | 2006/01/06 2:06 PM |